魂の世界である天国を準備しよう

魂の世界である天国を準備しよう

わたしたちは生きている限り必ず生涯の終わりを迎えることを知っています。けれどその先を誰も知りえないため死後の世界についていろいろ論じています。ではその答えはどこで見つけることができるのでしょうか。それがまさに聖書です。

聖書はわたしたちの魂が肉体を去っても存在し、その後に永遠なる魂の世界、つまり霊的な生涯があると教えています。この問題を知るためにまず、神様が人をどのように造られたのか調べてみましょう。

肉体の死と魂の生涯

神様が人を創造されるとき、土の塵で形を作られ、命の息を吹き入れられたと聖書は記録しています。

主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。

創世記2章7節

人を形づくった土の塵は肉体を意味し、その鼻に吹き込まれた命の息は魂を意味します。これは肉体と魂が一つのものではなく、別々に存在していることを教えています。つまり、人は別の存在であった肉体と魂が結合して「生きている」といいます。

では、死んだらどうなるのでしょうか。

塵は元の大地に帰り、霊は与え主である神に帰る。

コヘレトの言葉12章7節

人が死んだら肉体は大地に戻り消えてしまいます。けれど霊である魂は肉体と分かれ、天の神様のもとに帰ります。死とは肉体と魂の分離を意味し、人は死んでも魂は消えず存在します。

生=肉体と魂の結合
死=肉体と魂の分離

ですから、わたしたちの魂を造られたイエス様も、体は死んでも魂は生きていると言われました。

体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい。

マタイによる福音書10章28節

イエス様は肉体が死ぬとき魂も消えるのでなく、魂はその後も生きていると教えられました。これは、肉体の死後に魂の世界である霊的な生涯があるということです。

ではわたしたちの本質は肉体にあるのでしょうか、それとも魂にあるのでしょうか。

わたしたちの本質は魂です

そして三度その子供の上に身を伸ばし、主に呼ばわって言った、「わが神、主よ、この子供の魂をもとに帰らせてください。」 主はエリヤの声を聞きいれられたので、その子供の魂はもとに帰って、彼は生きかえった。

列王記上17章21~22節(口語訳)

やもめの子供が死んでしまい、やもめはエリヤに子供を生き返らせてほしいと懇願し、エリヤは神様に祈りをささげました。そのとき、子供の魂がもとの肉体に戻って生き返りました。

これは、死とは肉体から魂が離れていることを意味し、わたしたちが生きている状態は、肉体に魂が入っていることを指すことが分かります。

魂が離れる=死
魂がもどる=生

わたしたちの本質はどこにあるのでしょうか。魂が肉体を出入りすることで生死を分かつなら、魂が本質ではありませんか。

また、魂が纏っている肉体はこの地で生きるための魂の容れ物にすぎません。そのためヤコブは肉体の人生は旅行者としての時間だと証ししています。

ファラオが、「あなたは何歳におなりですか」とヤコブに語りかけると、 ヤコブはファラオに答えた。 「わたしの旅路の年月は百三十年です。わたしの生涯の年月は短く、苦しみ多く、わたしの先祖たちの生涯や旅路の年月には及びません。」

創世記47章8~9節

ヤコブはファラオに年を尋ねられたとき、自分の生涯を旅人の年月だと言いました。わたしたちが旅に出たとして、そこでいろいろ経験しても、予定をすべて終えれば元の生活が待っています。同じようにこの地での生涯を終えた後に魂の世界が待っているため、いつか去り、その先に行くべきところがある旅人だと証しました。

魂の世界を準備しよう

では、肉の生涯と魂の生涯のどちらをより考えるべきでしょうか。当然、本質である魂の生涯ではないでしょうか。聖書は魂の生涯の準備をしたものだけが永遠なる魂の世界、天国に入れると記録しています。

わたしはまた、死者たちが、大きな者も小さな者も、玉座の前に立っているのを見た。幾つかの書物が開かれたが、もう一つの書物も開かれた。それは命の書である。死者たちは、これらの書物に書かれていることに基づき、彼らの行いに応じて裁かれた。

ヨハネの黙示録20章12節

死者とは、肉体を脱いで魂の姿になった人であり、その魂は大きな者も小さな者も一人も例外なく神様の前で裁きを受けます。この裁きとは、この地の生涯だけを追い求めてきたか永遠の魂の世界である天国のための準備をしてきたかで区分されるということです。わたしたち皆が聖書を調べ、天国を準備しなければならない理由がここにあります。

神様はわたしたちが生きている間に天国を準備できるよう聖書をくださいました。魂の存在を証しし、その魂の世界である天国への指標がまさに聖書です。誰も知り得なかった永遠の世界が確かに記録されている聖書を調べ、天国の準備をいたしましょう。

→魂の世界へ導いてくださる救い主とは