女性聖徒のベール、礼拝をささげる掟

女性聖徒のベール、礼拝をささげる掟

神様に礼拝をささげる時、その礼拝が神様に受け入れられるようにするために、必ず守らなければならない掟と法がある。

神様は十戒を中心に、特定の日を礼拝日として定められた。礼拝をささげる掟についても同様である。言い換えれば、私たちの礼拝が神様に受け入れられる礼拝にするためには、必ず従わなければならない掟と法があるのだ。

ベールの掟は神様の命令だ

礼拝時間にベールをかぶる女性聖徒たち

神様の教会の女性の聖徒たちは礼拝の時間にベールをかぶり、男性の聖徒たちは頭に何もかぶらない。このような姿はキリストの教えであり、初代教会に伝えられた聖書の教えに基づいたものである。

一コリ11:1 わたしがキリストに倣う者であるように、あなたがたもこのわたしに倣う者となりなさい。

使徒パウロは初代教会の聖徒たちに、女性は礼拝時間に頭を隠すべきであり、男性は頭を隠すべきではないと教えた。

一コリ11:4-5 男はだれでも祈ったり、預言したりする際に、頭に物をかぶるなら、自分の頭を侮辱することになります。女はだれでも祈ったり、預言したりする際に、頭に物をかぶらないなら、その頭を侮辱することになります。それは、髪の毛をそり落としたのと同じだからです。

このような掟は、私たちが完全に神様に栄光を帰しながら礼拝をささげられるように、神様が与えてくださったものである。男性はその頭を隠さないことで神様に栄光を帰すようになるのであり、女性はその頭を隠すことで神様に栄光を帰すようになるのだ。これは万物の理を通じても示された摂理だ(一コリ11:14-15)。男性は頭に何もかぶらないことで神様に栄光を帰し、女性はその頭をベールで覆うことで、霊的にも肉的にも美しさを表せるようになるのである。