神様の教会「アメリカ大統領ボランティア賞」受賞

神様の教会「アメリカ大統領ボランティア賞」受賞

神様の教会はアメリカ大統領ボランティア賞を十数回にわたって受賞しました。神様の教会がアメリカ大統領ボランティア賞を受賞した背景についてご紹介いたします。

神様の教会 アメリカ大統領ボランティア賞受賞

神様の教会世界福音宣教協会は、様々なボランティア活動を通じて国家と社会の発展に貢献した功労が認められ、アメリカ大統領ボランティア賞を十数回にわたって受賞しました。

アメリカ大統領ボランティア賞は、2003年ジョージ・ブッシュ元大統領の在任時に、ボランティアに対する重要性をより広く認識させ、積極的な参加を促すために作られた表彰制度です。

国家と社会のためにボランティア活動をした個人や団体に対して、推薦と認証機関の審査を経た後、ボランティア活動の時間数によって金賞、銀賞、銅賞を授与します。個人部門の最高栄誉はライフタイム賞(Lifetime Achievement Award、生涯功労賞)であり、4000時間以上ボランティア活動をした人に贈られます。

神様の教会は2011年6月、バラク・オバマ元大統領から、個人部門でライフタイム賞、団体部門で金賞を受賞したのに続き、2019年現在まで計17回団体部門で金賞を受賞しました。

• 金賞 (2019.12.)

• 金賞(2019.8.2回)

• 金賞(2018.12.6回)

• 金賞(2017.12.3回)

• 金賞 (2015.12.)

• 金賞 (2015.9.)

• 金賞 (2015.6.)

• 金賞 (2014.11.)

• 金賞 (2011.6.)

• ライフタイム賞(2011.6.)

神様の教会受賞の背景としては、聖書の教えである「隣人愛」と、母なる神様の教訓に従って、持続的にボランティア活動を展開したことが挙げられます(マタイによる福音書22:39)。全世界175カ国に設立されている神様の教会は、地域社会において助けの手を必要としている各分野で、環境浄化、献血、隣人助け合い、災害救護、老人福祉など、多角的かつ持続的なボランティア活動を行っています。

これをきっかけに、世界各国政府と機関、各界各層から勲章、表彰、感謝状など2,600以上の賞を授与されました。アメリカでは、アメリカ大統領ボランティア賞授賞以外にも、多数の地方政府が格別な感謝を表す宣言文と決議文を発表する一方、市民が神様の教会を記憶し、献身的なボランティア活動に共に参加するよう勧告する記念日を制定し宣布されたりもしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です