神様の教会「大韓民国大統領賞」受賞

神様の教会「大韓民国大統領賞」受賞

神様の教会世界福音宣教協会は、社会と国家に対する功績が認められ、大韓民国政府から授与される最高位の褒賞である大韓民国大統領賞を3回にわたって受賞しました。

神様の教会 大韓民国大統領賞受賞

神様の教会世界福音宣教協会は、2003年に続き2004年と2015年、社会に貢献した優秀団体に授与される最高位の褒賞である大韓民国大統領賞を受賞しました。各種国際大会での多様なサポーターズ活動と環境保護、災害救護活動を通して、国と地域社会の発展に尽くした神様の教会の善行を高く評価したのです。大韓民国大統領賞は大韓民国に顕著な功績を挙げたり、教育・競演などの各分野で優れた成績を挙げた個人や団体に授与する賞です。

• 2003年、大統領表彰(総会長 キム・ジュチョル牧師)受賞

– 2002年の第8回アジア太平洋障害者競技大会(The 8th Far East and South Pacific Games for the Disabled)を通じて国家社会の発展に寄与した功労。

– 大統領表彰を受賞した個人の中で宗教団体のリーダーとしては唯一

• 2004年、大韓民国褒章(キム・ジュンラク牧師)受賞

– 2003年、第22回夏季ユニバーシアード(The 22nd Summer Universiade)で市民サポーターとして活動し、国民体育の発展に貢献。

- 夏季ユニバーシアード期間中、韓国大邱市にサポーターズ推進本部を設置し、2万人余りの市民サポーターズとして活躍、174カ国の選手団の入国歓迎及び応援、ユニフォームの贈呈、出国歓送まで、多角的な活動で大会成功に寄与した功労

• 2015年、大統領団体表彰受賞

– 海洋環境保護及び海洋災難救護活動を通じて国家産業の発展に献身した功労。

– 大統領団体表彰は、5年以上にわたって該当分野で功績を挙げた団体に授与される賞で、宗教団体が授与するのは非常に異例のこと。

大韓民国大統領賞及び賞勲制度

大韓民国大統領賞をはじめとする賞勲制度を担当する行政安全部は「受けるに値する人が賞を受ける褒賞文化を定着させるために努め、公正かつ客観的な審査を経て賞勲の栄誉と信頼を高めている」と述べています。

大韓民国で勲章と褒章、表彰などの運営は、憲法第80条及び第89条の規定により、国務会議の審議を経て大統領が栄典を授与するよう定められています。国家に顕著な功績を挙げた場合に授与します。

大韓民国大統領表彰と勲章は、他のどの褒賞よりも大きな価値と名誉があります。そのため、長期間の公的審査をはじめとする厳しい調査過程を経て、褒賞の対象者を厳格に選定します。特に宗教団体が褒賞の対象とされるのは珍しいことです。

大韓民国大統領賞をはじめとする賞勲制度を担当する行政安全部は「受けるに値する人が賞を受ける褒賞文化を定着させるために努め、公正かつ客観的な審査を経て賞勲の栄誉と信頼を高めている」と述べています。

大韓民国で勲章と褒章、表彰などの運営は、憲法第80条及び第89条の規定により、国務会議の審議を経て大統領が栄典を授与するよう定められています。国家に顕著な功績を挙げた場合に授与します。

大韓民国大統領表彰と勲章は、他のどの褒賞よりも大きな価値と名誉があります。そのため、長期間の公的審査をはじめとする厳しい調査過程を経て、褒賞の対象者を厳格に選定します。特に宗教団体が褒賞の対象とされるのは珍しいことです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です